はじめましての方はこちらからどうぞ
商品レビュー

【読書レビュー】ToDoリストはやめるべき?ケビン・クルーズ『1440分の使い方』

こんにちは、時間管理術について日々研究中のユタロー(@SentimentalLionです。

 

ToDoリストを作ったは良いものの、終わらずにずっと残っているToDoがありませんか?

ToDoリストには「短時間で終わること」と「長い時間が必要になること」がごちゃまぜに書いてあります。

その結果、簡単に終わる「短時間で終わること」ばかりに横線が引かれていき、本来時間をかけて考えるべき重要なことが後回しになってしまう。

 

今回は、1440分の1日の中で効率よく仕事を進めていく時間管理術が書いてある本『1440分の使い方』を紹介します。

ちなみに、今ならKindle Unlimitedでの読み放題の対象となっております。

Kindle Unlimitedについて詳しいことは以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【Amazon】月額980円で本読み放題!Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)こんにちは、毎日のように読書レビューを書いているユタロー(@SentimentalLion)です。 1ヵ月に1冊以上は本を...

Kindle Unlimitedへ登録

ユタロー
ユタロー

生まれや育った環境に関係なく、時間は全ての人に等しく与えられたものです!

どのように活用すべきか一緒に考えていきましょう!

『1440分の使い方』の概要

スポーツで成功をしている人も、億万長者と言われる人も1日は24時間であり、1440分です。

時間はみんな等しく与えられているはずなのに、結果は大きく違います。

 

成功者と言われている人ほど、電話・メールの数も多いし会議も多いはずです。

それでも新しい事業・商品を考え、社会に価値あるものを生み出している。

 

では、雑務や余計なことに時間を取られている人との違いは一体なんなのか。

『1440分の使い方』には、1日1440分を効率よく過ごすために大切なことが書いてあります。

以下にアマゾンの商品紹介を引用します。

内容紹介

7人の億万長者、239人の起業家、13人のオリンピック選手、29人のオールAの学生に学ぶ生産性向上の日常習慣
(独自の取材と研究が明らかにした、)成功者共通の「生産性向上の習慣」を公開!
・成功者はToDoリストを使わない!
・億万長者はノートを手書きする!
・起業家は朝の習慣を重視する!
・オリンピック選手は「ノー」と言う!
・オールAの学生はSNSを遠ざける!
時間に追われることなく、生産性を向上させ、充実した生活を送るために。
著者は、成功している友人たちに時間管理のコツを聞いて回るうちに、ある共通点に気づく。それは、だれひとり「本に書かれているような方法」を口にしなかったことだ。そして判明した秘訣のひとつが「ToDoリストを使わない」ということだった。そこで著者は、さらに多くの成功者たちへ接触を試み、独自の取材と調査を行った。●自力で大成した億万長者は、私たちと違う働き方をしているのだろうか?
●常にプレッシャーにさらされている起業家は、どうやって高い生産性を維持しているのか?
●刻々と過ぎゆく時間と戦うオリンピック選手は、いかにして集中力、自制心、エネルギーを維持しているのか?
●MITやハーバードでオールAを取り続ける学生に必要なものとは何だろうか?7人の億万長者、13人のオリンピック選手、29人のオールAの学生、そして239人の起業家。計288人への取材から導き出された、時間管理と生産性向上にまつわる15の秘訣を、本書ではより実践しやすい方式とともに紹介する。
「ノートは手書きでとる」「メールは一度しか触らない」「ノーと言う」「日々のテーマを決める」など具体的ノウハウから、「最重要課題の見極め方」「先延ばし癖を克服する極意」「桁外れの利益を得るための思考法」まで15の秘訣が、あなたの人生に輝きを取り戻してくれるだろう。
ユタロー
ユタロー

難しいことは一切書いてありません!

誰でも読み終わったその時から実践可能な内容です!

『1440分の使い方』の内容

『1440分の使い方』は全部で16章構成となっています。

  1. 1440の威力
  2. 適切な優先順位の重要性
  3. ToDoリストをやめる
  4. 先延ばし癖を克服する
  5. 罪悪感なく5時に退社する方法
  6. 成功者たちのノート術
  7. 3210メール術
  8. グーグル、アップル、ヴァー人の会議術
  9. 大成功へと導く小さな一言
  10. 強力なパレートの法則
  11. ハーバードの3つの質問
  12. テーマのある1日
  13. 「一度しか触らない」ルール
  14. 朝を変えて、人生を変える
  15. すべてはエネルギー次第
  16. 全てをまとめたE-3C方式

時間は取り戻せない

貴重なものとして、子供・配偶者・友人・健康・お金・時間を挙げる人は多いが、時間について真剣に考えている人はほとんどいないとケビン・クルーズさんは述べています。

時間は買うことも、レンタルすることも、拝借することもできないと。

1日の時間はみな同じ。時間はどんな人にも与えられている、最低限の共通資産だと強調しています。

僕らは接点がないだけに、Facebookのマーク・ザッカーバーグさんや故・スティーブ・ジョブスさんには他の人よりも多くの時間を過ごしていると錯覚しがちですよね?

1日どのようなスケジュールで生きているのか知らないけれど、あれだけ社会を変えるイノベーションを起こしているのだから、寝ていないのかもしれないと。

 

でも、よく考えてみてください。

1日の時間は誰もが24時間であり、1440分です。

問題は、その1440分の時間の使い方が違うというだけです。

 

まずは誰もが1日1440分であり、失った時間は決して取り戻すことはできないと頭に入れておきましょう。

ユタロー
ユタロー

僕も「後でやれば良いか」と考えてついダラッとしてしまうことがありますが、そのダラッとした時間は二度と取り返せないんですね。。。

最も重要なタスクを見極める

何に専念すべきかどうやってやり遂げるかを明らかにする。

そこまで考えた上で、今この瞬間に最も重要なことを特定することが大事だとケビン・クルーズさんは述べています。

目標設定の大事さについては、本を読まずとも理解している人が多いと思います。

例えば、以下のような目標です。

  • 今月は売上100万達成
  • 今月中に5kg痩せる

でも、どうやって売上100万円を達成するか、どうやって5kg痩せるかという方法まで考えている人は少ないのではないでしょうか?

方法まで考えて初めて「今、何をすべきか」が決まってきます。

ユタロー
ユタロー

10万円の顧客と20万円の顧客のどちらに電話をかけるのかというとわかりやすいですね。

ToDoリストをやめる

ToDoリストには3つの問題があるとケビン・クルーズさんは述べています。

  1. 数分しかかからない項目と1時間以上かかる項目が混在
  2. 重要なタスクよりも急ぎのタスクに飛びつきやすくなる
  3. 不必要なストレスを生む

僕も付箋にToDoリストをよく作っていました。

でも、ToDoリストをすべて消してゴミ箱に捨てた記憶ってあまりないんですよね。

ほとんどの場合、別の付箋に書き直していました。

 

終わらないToDoリストはかえってストレスに繋がります。

ToDoリストの代わりに使うべきものはスケジュール帳です。

以前にもツイッターで以下のような投稿をしました。

https://twitter.com/SentimentalLion/status/1073174922430636032

時間単位で予定が書き込めるスケジュール帳を購入して、ToDoリストをそのまま「何時から何時までにやる」と書き込んでいきましょう。

その時間に終わらなければ、また新たにスケジュール帳に予定を書き込めば良いんです。

ユタロー
ユタロー

自分のスケジュールに落とし込まないとToDoリストも終わりません!

一度しか触らない

人は同じことを繰り返すとケビン・クルーズさんは述べています。

大成功した人は、ほぼ何に対してもその場ですぐ対処することが最も効率的だと知っているとも述べています。

職場に出社してメールを開いたら大量のメールが届いていました。

あなたは1件1件タイトルや内容を確認しながら、優先順位をつけて時間がかかりそうなものは後回しにする。

時間ができた時に、もう一度メールの内容をじっくり読み直す。

 

上記の文章を読んだらメールを何度も読み直していることがわかりますよね?

本来は一回読めば良いはずなのに2倍の時間を使っています。

ユタロー
ユタロー

常に「一度しか触らない」と自分に言い聞かせながら仕事をしていきましょう!

『1440分の使い方』感想まとめ

『1440分の使い方』の感想についてまとめます。

  • 時間は取り戻せないことを認識する
  • 最も重要なタスクと達成する方法まで考えよう
  • ToDoリストは時間単位でスケジュール帳へ落とし込む
  • 一度で終わらせるのが効率的

『1440分の使い方』には他にも、「Noという秘訣」「会議の時間を短くする秘訣」など時間を効率的に活用する方法がたくさん書いてあります。

1日の時間はすべての人に同じように与えられています。

今まで以上に効率的な時間を過ごすためにぜひケビン・クルーズさんの『1440分の使い方』を読んでみてください。

ちなみに、今ならKindle Unlimitedでの読み放題の対象となっております。

あわせて読みたい
【Amazon】月額980円で本読み放題!Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)こんにちは、毎日のように読書レビューを書いているユタロー(@SentimentalLion)です。 1ヵ月に1冊以上は本を...

Kindle Unlimitedへ登録

ユタロー
ユタロー

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらからは以上です!!